昭和レトロのうどん自販機、道の駅に売却決定 夜間・早朝は利用出来ず

2016.3.17 17:10

佐原商店のうどん・そば自販機には閉店報道以来、行列ができている=17日、秋田市土崎港西(渡辺浩撮影)

佐原商店のうどん・そば自販機には閉店報道以来、行列ができている=17日、秋田市土崎港西(渡辺浩撮影)【拡大】

  • 佐原商店のうどん・そば自販機には閉店報道以来、行列ができている=17日、秋田市土崎港西(渡辺浩撮影)

 秋田港近くの船舶食料商「佐原商店」(秋田市土崎港西)に設置されている昭和レトロのうどん・そば自動販売機の売却先が、約150メートル離れた「道の駅あきた港」に決まった。ただ、これまでのように夜間・早朝の時間帯に利用することはできなくなる。

 佐原孝夫社長によると、今月末での閉店が報道されて以降、自販機を譲ってほしいという依頼が全国から約30件あったが、「秋田港のにぎわい創出のため、道の駅あきた港にお願いした」という。道の駅あきた港はポートタワーセリオン(高さ143メートル)を中心とした施設で、自販機は屋内緑地公園「セリオンリスタ」に置かれる予定だ。

 佐原商店では夜間に体を温める人が多かったが、セリオンリスタの開館時間は午前9時から午後6時。道の駅あきた港の武藤正子駅長は「メンテナンスの関係で、屋外への設置は難しい」と話している。

 一方、NHK秋田放送局は、佐原商店を舞台に昨年3月に放送した「ドキュメント72時間 秋田・真冬の自販機の前で」を24日午後10時55分から秋田県内ローカルでアンコール放送することを決めた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。