ブラジル連邦判事、ルラ氏の閣僚任命差し止め 大統領の行政法違反指摘

2016.3.19 05:00

 ブラジル連邦判事は17日、ルラ前大統領の官房長官任命を差し止める命令を出した。同国を見舞っている政治危機が一層深まりそうな様相となっている。

 今回の決定に関する書面によると、イタジバ・カッタ・プレタネト判事は、ルラ氏の官房長官任命は警察および司法活動の妨げにつながりかねないと指摘。また、ルセフ大統領が行政法に違反した疑いがあるとも主張している。

 連邦総弁護庁(AGU)のカルドゾ長官は、政府は差し止め命令に異議を申し立てると説明するとともに、任命は合法だとの考えを示した。ルラ氏は閣僚ではあるが、司法の面で問題が解決されないうちは、権限の全てを行使できるわけではないとも語った。

 ルラ氏は17日、大統領官邸での就任式典を経て入閣。式典で、ルセフ大統領は「政権交代支持派に屈服はしない」と述べた。

 ミシェル・テメル副大統領は式典を欠席、同氏が率いる議会最大勢力のブラジル民主運動党(PMDB)が連立政権を離脱するとの観測が強まっている。

 ルラ氏をめぐる対立は16日、ルセフ大統領によるルラ氏への入閣要請は刑事捜査から同氏を守るためだったことを示唆するとされる通話記録を、連邦判事セルジオ・モロ氏が公開したことで一段と深まっていた。(ブルームバーグ Anna Edgerton、Arnaldo Galvao)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。