エックス線天文衛星「ひとみ」の通信途切れる 原因は不明

2016.3.27 17:35

エックス線天文衛星「ひとみ」の観測想像図(池下章裕氏提供)

エックス線天文衛星「ひとみ」の観測想像図(池下章裕氏提供)【拡大】

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、先月打ち上げたエックス線天文衛星「ひとみ」が通信不良の状態に陥ったと発表した。原因は不明で、復旧に努めるとしている。

 JAXAによると、ひとみは26日夕の運用開始時から電波を受信できなくなった。その後、数回通信可能な状態になり、うち2回はごく短時間だけ電波を受信できたものの、衛星の状態を確認できない状況が続いているという。

 ひとみはJAXAが米航空宇宙局(NASA)などと共同で開発。2月17日、種子島宇宙センター(鹿児島県)からH2Aロケット30号機で打ち上げた。

 観測時の全長が14メートルに及ぶ大型衛星で、高度575キロの円軌道上を回る。ブラックホールなどが放つエックス線を高感度で観測し、宇宙の成り立ちや進化の解明に挑むのが目的。日本側の開発費は、打ち上げ費を含め310億円。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。