新日本建設が資産虚偽記載 監視委、課徴金勧告へ

2016.3.29 02:00

 所有する不動産をめぐり有価証券報告書に虚偽の記載をしたとして、証券取引等監視委員会が東証1部上場の建設会社「新日本建設」(千葉市)に課徴金を納付させるよう近く金融庁に勧告する方針を固めたことが28日、市場関係者への取材で分かった。課徴金額は1700万円前後の見通し。

 新日本建設は平成18年3月期決算から自社の所有物件の鑑定を外部の不動産鑑定士に依頼していた。しかし地価の変動などを反映した適切な鑑定が行われず、有価証券報告書に記載した不動産などの「棚卸し資産」の金額に誤りがある可能性があるとして、昨年4月に弁護士らによる第三者委員会を設置した。

 第三者委は、不動産鑑定士の鑑定は不適切で、有価証券報告書の訂正が必要との調査結果をまとめた。新日本建設は昨年5月、21~26年の有価証券報告書などを訂正した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。