疾走する「パンツ仮面」に恐怖する女性 “変態仮面のパクリ疑惑”は完全否定 (2/7ページ)

2016.4.2 17:15

頭から真っ赤なパンツをかぶり、ママチャリで住宅街を疾走する「パンツ仮面」。住人女性が警察に持ち込むため、勇気を振り絞って撮影した=平成27年9月30日、兵庫県尼崎市(一部画像処理しています、提供写真)

頭から真っ赤なパンツをかぶり、ママチャリで住宅街を疾走する「パンツ仮面」。住人女性が警察に持ち込むため、勇気を振り絞って撮影した=平成27年9月30日、兵庫県尼崎市(一部画像処理しています、提供写真)【拡大】

  • 頭から真っ赤なパンツをかぶり、ママチャリに乗って出没した「パンツ仮面」。その後逮捕され、「驚く顔を見ると興奮する」と〝動機〟を語った=平成27年9月30日、兵庫県尼崎市(一部画像処理しています、提供写真)

 1週間でかれこれ3、4回目。時間帯はいつも早朝だ。ボサボサ頭で小太り、Tシャツに長ズボン姿、黒のママチャリで、前かごにオレンジ色のバッグを入れている-という特徴も一緒。違うところといえばパンツの色で、赤や紫のパンツを「日替わり」でかぶっていた。

 女性は遭遇するたびに恐怖と衝撃を覚えたが、無関心を装い続け、結果的に危害を加えられることはなかった。

 しかし、何度も現れる「変態男」に怒りを感じた女性はこの日、警察に持ち込むための動画撮影を決行。スマートフォンを片手に路地を行き来し、ママチャリでうろつくパンツ仮面の姿をとらえることに成功した。

 女性によると、2年前にも週に2、3回、同じような場所でパンツ仮面を目撃したことがあった。県警尼崎東署に相談に行き、パトロールが強化されたことですぐに見かけなくなったが、当時「証拠がないと事件化は難しい」と説明を受けたのだという。

「勇気を振り絞ってスマホを向け続けた」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。