ゲーム内の「通貨」乱立で実態把握は業者任せ LINE関東財務局検査

2016.4.6 21:31

 LINE(ライン)に対する関東財務局の立ち入り検査からは、課金システムを持つゲームが増える中で規制が追いつかない実態も浮かび上がる。

 ラインなどが運営するゲームでは、ゲーム内で購入したポイントと引き換えでアイテムなどを入手。ゲームによって「宝石」や「ダイヤ」などと表記され、ゲーム内で通貨のように機能する。こうした「サーバー型」とよばれる実物のない電子上の決済手段は、平成22年の資金決済法施行後、登録対象になった。

 関東財務局金融監督5課によると、電子マネーや商品券なども含めて2月末時点で674社が登録しているが、このうちサーバー型の決済手段がどれくらい登録されているかは把握できていないという。同課では順次検査しているが、担当者は「網羅的なチェックは不可能。最終的には登録業者の善意に任せるしかない」としている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。