バド闇カジノ賭博でNTT東が処分発表 田児選手は解雇、桃田選手は…

2016.4.11 16:33

涙を流しながら謝罪会見する田児賢一選手(左)。右は桃田賢斗選手=8日、東京・大手町(撮影・小倉元司)

涙を流しながら謝罪会見する田児賢一選手(左)。右は桃田賢斗選手=8日、東京・大手町(撮影・小倉元司)【拡大】

 バドミントン男子シングルス世界ランク2位の桃田賢斗選手(21)とロンドン五輪日本代表だった田児賢一選手(26)=ともにNTT東日本=らが違法な闇カジノ店で賭博行為をしていた問題で、NTT東日本は11日、社内処分の結果を公表した。

 金額が大きく回数も多かった田児選手を「解雇」とし、桃田選手は「出勤停止30日」とした。他に賭博行為をしていた同社バドミントン部のOB2人を含む計6選手については「厳重注意」、部長や副部長などスタッフも「厳重注意」とした。

 さらに部員の大半が賭博行為をしていた男子バドミントン部についても、「半年間の対外活動自粛」とした。

 両選手をめぐっては日本バドミントン協会が桃田選手の日本代表の強化指定を外して無期限の試合出場停止処分を科し、田児選手は無期限の協会登録抹消としていた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。