天文衛星「ひとみ」運用断念 太陽電池パネル全て脱落 (1/2ページ)

2016.4.29 05:00

エックス線天文衛星「ひとみ」の運用断念について記者会見で頭を下げるJAXAの常田佐久理事(手前から2人目)ら=28日午後、東京都千代田区

エックス線天文衛星「ひとみ」の運用断念について記者会見で頭を下げるJAXAの常田佐久理事(手前から2人目)ら=28日午後、東京都千代田区【拡大】

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は28日、軌道上でトラブルが起きたエックス線天文衛星「ひとみ」の運用を断念すると発表した。電力供給に不可欠な太陽電池パネルが全て脱落したとみられ、復旧は難しいと判断した。

 今年2月にH2Aロケットで打ち上げたひとみは、米航空宇宙局(NASA)などとの共同開発。国際協力でブラックホールや銀河団を観測して宇宙の謎に迫る予定だったが、計画に大きな穴があく結果になった。

 JAXAの常田佐久理事は記者会見で「観測成果に期待し、応援していただいた国民、国内外の協力機関、天文学研究者に深くおわびする」と陳謝した。代替衛星の打ち上げについては「現時点では検討していないが、早急に原因究明して次のステップに進みたい」と述べた。

 JAXAの分析によると、本格観測に向けて準備中の3月26日、ひとみの搭載コンピューターが実際には機体が回転していないのに回転していると誤判断。

慣性を利用して姿勢制御するための装置が作動し…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。