国立西洋美術館、世界遺産に ユネスコ ル・コルビュジエ17作品登録

2016.7.18 05:00

世界文化遺産への登録が決まった東京・上野の国立西洋美術館
世界文化遺産への登録が決まった東京・上野の国立西洋美術館【拡大】

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会は17日、トルコ・イスタンブールで審議を再開、20世紀を代表するフランスの建築家、ル・コルビュジエ(1887~1965年)が設計した東京・上野公園の国立西洋美術館など7カ国17作品を世界文化遺産に登録することを決めた。革新的な作品で近代建築の基礎を築いたと評価した。

 日本の世界遺産は計20件(文化遺産16件、自然遺産4件)になる。他国にまたがる世界遺産は国内初。東京都心の遺産の誕生で、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた訪日観光客の誘致にも弾みがつきそうだ。

 17作品は西洋美術館のほか、前期の傑作とされる「サボア邸と庭師小屋」(フランス)や晩年に手掛けた計画都市「チャンディガールのキャピトル・コンプレックス」(インド)など。「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献」の名称で、一括登録される。7カ国はほかにスイス、ドイツ、ベルギー、アルゼンチン。

 世界遺産委は、トルコ軍のクーデター未遂の影響で16日の審議を中止していた。(イスタンブール 共同)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。