「ゴキブリテロ」撒き散らすならスーパーしかない 理解不能だった女の“善意” (1/6ページ)

今夏、スーパーマーケットに生きたゴキブリ十数匹をまき散らしたとして、56歳の女が威力業務妨害容疑で逮捕された。インターネット上では「テロ」という言葉も飛び交ったが…
今夏、スーパーマーケットに生きたゴキブリ十数匹をまき散らしたとして、56歳の女が威力業務妨害容疑で逮捕された。インターネット上では「テロ」という言葉も飛び交ったが…【拡大】

【衝撃事件の核心】

 生き物の「命」を大切にする。そんなすばらしい思いも行きすぎると、身の毛もよだつ事件に発展することがあるようだ。今夏、神戸市のスーパーマーケットにゴキブリ十数匹をまき散らしたとして、市立小学校事務員の女(56)が威力業務妨害容疑で兵庫県警に逮捕された。女の目的はただ一つ、ゴキブリに生きてもらうこと。ゴキブリの生育環境にスーパーが適していると考えたのだという。だが、スタッフ総出で駆除に追われた店側の迷惑ははかり知れない。インターネット上で「テロ」とも指摘された事件。女がなぜそこまでゴキブリに愛着を抱くのか、捜査関係者も首をひねるばかりだ。

 うごめく黒い物体

 「あのときのことは、もう思い出したくないんです」。被害にあった神戸市垂水区のスーパーで働く男性店員は、うんざりした表情でそうつぶやくと、それっきり沈黙した。

 6月26日午後11時20分ごろ。閉店を10分後に控えたスーパーでは、店員がレジ閉めや清掃などの作業に追われていた。客もまばらとなり、何事もなく営業時間が終了しようとしていたはずが、店員の一人が異常な気配に気づいた。

脇には不審な白いポリ袋。のぞき込むと…

今、あなたにオススメ
Recommended by