中国の金メダル激減なぜ? 選手“金至上主義”に変化、ネット反応は皮肉目立つ (1/2ページ)

2016.8.19 19:00


【拡大】

 【リオデジャネイロ=中村将】リオデジャネイロ五輪の中国選手の金メダル獲得ペースに、ロンドン大会(2012年)や北京大会(08年)のような勢いがみられない。16日現在、首位の米国に大きく水をあけられ、英国にも及ばず、3位となっている。着実に獲得数を伸ばしてはいるものの、“ゴールドラッシュ”とはいかず、終盤に向けてどれだけペースが上がるかに注目が集まる。

 金メダル獲得数は同日現在、米国が28個、英国が19個、中国は17個。米英は日程を消化するごとに、ロンドン大会とほぼ同じペースで獲得しているが、中国は約半分のペース。北京大会では参加国の中で最多の51個、ロンドン大会でも米国に次ぐ38個の「金」を獲得した中国にしては、あまりにスローペースといえる。

 競泳でみると、中国はロンドン大会では金5個、銀2個、銅3個を獲得したが、リオでは金1個、銀2個、銅3個という結果で、金だけが大幅に減った。ロンドンでは金4個を獲得した体操もリオではメダル無しだった。

「われわれは五輪でかつてない挑戦と困難に直面している」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。