アンジェイ・ワイダ氏死去 ポーランド映画の巨匠、世界文化賞受賞

2016.10.12 05:00

 「灰とダイヤモンド」(1958年)などの監督作品で知られるポーランド映画の巨匠で、96年に第8回高松宮殿下記念世界文化賞(演劇・映像部門)を受賞したアンジェイ・ワイダ氏が9日、死去した。90歳。ポーランドのメディアが伝えた。

 26年、ポーランド・スバウキ生まれ。国立映画大学で学び、対独レジスタンス運動に参加した体験を基にした「世代」(54年)で監督デビュー。「地下水道」(56年)、「灰とダイヤモンド」を加えた3作品は、同国の苦難の歴史を描く「抵抗3部作」として国際的な評価を得た。

 81年、自主管理労組「連帯」を題材にした「鉄の男」(81年)でカンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞。

 親日家としても知られ、94年にはポーランド南部のクラクフに「日本美術・技術センター」を創設した。(ベルリン 宮下日出男)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。