長時間労働撲滅へ署名4万人、電通過労死受け加藤勝信担当相らに提出

2016.11.22 22:45

 電通の新入社員の過労自殺を受けて、労働問題を訴えるNPO法人や大学教授らでつくる「長時間労働撲滅プロジェクト」が、長時間労働の規制を求めるネット署名を約4万人分集め、22日、加藤勝信働き方改革担当相らに手渡した。

 プロジェクトは10月15日から、労働時間の上限設定といった労働基準法の改正などを求めて、ネット上で賛同者を集めた。次回の働き方改革実現会議で安倍晋三首相にも手渡す予定となっている。

 署名を受け取った加藤担当相は「法改正を含めて検討する」と話したという。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。