ブラックバイト「辞めたい」→「殴打、首絞められた」 「温野菜」元バイト学生が会見

「しゃぶしゃぶ温野菜」の千葉県のフランチャイズ店でブラックバイトをさせられていたと訴える男子大学生(右)。この大学生に暴行した容疑でこの店の元従業員が逮捕された=28日、東京都千代田区(道丸摩耶撮影)
「しゃぶしゃぶ温野菜」の千葉県のフランチャイズ店でブラックバイトをさせられていたと訴える男子大学生(右)。この大学生に暴行した容疑でこの店の元従業員が逮捕された=28日、東京都千代田区(道丸摩耶撮影)【拡大】

 大手飲食チェーン「しゃぶしゃぶ温野菜」でアルバイトをしていた大学3年の男子学生(21)を殴った疑いで千葉県警が先輩格の元従業員(53)を逮捕した事件で、男子学生は28日、東京都内で記者会見し「辞めたいと言ったら殴られたり、蹴られたりした。首も絞められた。すごい重圧だった」と話した。

 同席した労働組合「ブラックバイトユニオン」の青木耕太郎執行委員は「これだけのひどい暴行を受けるのはブラックバイト問題の中でも極めて悪質だ。無理な働き方をさせ、辞めさせないために暴行や脅迫をしていた」と指摘した。

 ユニオンによると、男子学生が平成26年12月に「バイトを辞めたい」と伝えた後、元従業員らから殴られるなどの暴行を日常的に受けたという。学生は「懲戒免職にするとも言われた。怖さと、責任感もあり、辞められなかった」と振り返った。

ブラックバイト強要で元従業員を逮捕 学生に暴行容疑、「温野菜」FC店