マツダ2万7千台リコール ボンゴとバネット 燃料漏れで火災の恐れ

2016.12.8 15:45

 マツダは8日、燃料タンクから延びるゴムホースに亀裂ができ、燃料漏れで火災の恐れがあるとして、小型貨物車「ボンゴ」と、ニッサンブランドで生産した「バネット」計2万7940台(平成24年6月~28年8月生産)のリコールを国土交通省に届けた。

 国交省によると、給油時に燃料タンク内の空気を抜くために取り付けられているゴムホースが周囲の熱で劣化し、亀裂が入ることがあるという。

 27年11月以降、燃料漏れの不具合が25件報告されているが、実際に火災になったケースはない。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。