『シン・ゴジラ』『君の名は。』… 今年の大ヒット映画に共通した“売れる法則” (2/3ページ)

2016.12.17 16:09

映画「君の名は。」の1シーン
映画「君の名は。」の1シーン【拡大】

 『シン・ゴジラ』も、『君の名は。』も、「一体どんな映画なのだろう」と容易には予想できない側面が存在した。だからこそ、人々は好奇心を掻き立てられて映画館に足を運んだ。

 「新奇性選好」がうまく機能していることは、2つの「現象」で検証することができる。

 ひとつは、「もう見た?」「まだ見ていないの?」などと、「経験者」と「未経験者」の間に一種の「経験デバイド」が生まれるということ。その結果、経験者が、あたかも未経験者に対して優位に立っているような錯覚が生じる。

 もうひとつは、「ネタバレ」が話題の軸になること。内容が新奇性にあふれているからこそ、それを相手に伝えてしまうことで、せっかくの楽しみが台なしになる。

 「経験デバイド」と「ネタバレ」に対する関心がうまく演出できれば、その作品は、ヒットの条件である「新奇性選好」を刺激していると言える。大ヒットを夢見るすべてのビジネス・パーソンが、考えてみるべきことだろう。

 大ヒットするためには、加えて、「安心感」という「着地点」も必要である。『シン・ゴジラ』で言えば、歴史あるゴジラ・シリーズであること、また、『新世紀エヴァンゲリオン』をはじめとする人気作で知られる庵野監督の作品であることが「安心感」を与えた。『君の名は。』についても、タイトルや新海監督の知名度など、さまざまな「安心感」の要素があった。

生み出すのが難しいのは「新しさ」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。