駐車違反身代わり出頭で佐川急便社員ら25人略式起訴 背景に「『下車勤』という一種のペナルティ」

2016.12.22 19:55

 宅配便大手「佐川急便」東京営業所(江東区)の運転手が駐車違反を隠すため知人らを身代わり出頭させた事件で、東京区検は22日、同日までに犯人隠避や同教唆の罪で、同営業所係長(35)ら25人を略式起訴したと発表した。

 起訴状によると、平成26年9月~今年7月、同営業所の運転手の駐車違反について、それぞれ別の人物に身代わりを探すよう依頼。警察署に別人を出頭させたなどとしている。

 同営業所では違反の取り締まりを受けると運転業務をしない「下車勤」となることが通例だったといい、捜査関係者は「事件の背景事情として、『下車勤』という一種のペナルティーがあった」とみている。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。