電通女性社員の過労自殺 石井直社長が謝罪 「過重労働を阻止できなかった」

 女性新入社員が過労自殺した問題で労働基準法違反の疑いで書類送検された電通の石井直社長が28日、都内で記者会見し、「前途ある社員が亡くなり、慚愧(ざんぎ)に堪えない。重く厳粛に受け止めている。ご冥福をお祈りする。過重労働を阻止できなかった。心よりおわび申し上げる」と謝罪した。

 また、石井社長は「際限なく時間を使うのを是とする企業風土があった」と過重労働を生む環境があったことを認め、「働き方を見直す」と述べた。

 さらに「過重労働の根絶に取り組む。社員の意見や外部の意見を反映し、大きな反省と不退転の覚悟で改革を進める」と語った。過労自殺が発覚して以降、石井氏が記者会見するのは初めて。

今、あなたにオススメ
Recommended by