電通・石井直社長、来年1月に辞任「経営を預かるものとして責任痛感」

 女性新入社員の過労自殺を巡り、労働基準法違反容疑で厚生労働省に書類送検されたことを受け、電通の石井直社長が来年1月の取締役会で辞任する意向を明らかにした。

 午後7時から東京都内で会見をした石井社長は、「当局から幾度かご指導いただき、さまざまな対策を施行して参りました。にも関わらず過重労働の抜本的解決に至っていません。経営を預かるものとして深く責任を感じております」と陳謝。「全責任を取りまして、来年1月の取締役会で社長を辞任したい」と辞意を明らかにした。