中国政府、海外サッカー選手獲得で「根拠なき」高額契約を規制

2017.1.7 05:00

 中国のサッカーチームが巨額資金を提示し、世界中から才能豊かな外国人選手を集めている。前代未聞の水準に膨れ上がっているこうした「根拠なき」支払いを、中国政府が強く批判した。

 メディアの報道によれば、中国のサッカーチーム、上海申花にアルゼンチンのチームに所属するFW、カルロス・テベス選手(32)が移籍する。サッカー人生の終盤に差し掛かっている同選手は1シーズン4000万ユーロ(約49億円)の給料を得て、世界一稼ぐサッカープレーヤーになる。その前には、上海の別のチームが英イングランドのチェルシーに7500万ドル(約87億円)を支払い、ブラジルのMF、オスカル選手の獲得を決めた。

 こうした報道の後、国家体育総局は「高額契約を規制および抑制し、選手の高収入に対して適正な制約を設ける」とする同局報道官のコメントをウェブサイトに掲載した。

 習近平国家主席が2015年にサッカーを中国の優先事項と位置付けて以後、国内サッカーチームの支払額が急増している。(ブルームバーグ Tariq Panja、Linly Lin)

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。