風邪で休んだ女子高生、バイト代9350円減額「ペナルティ」 セブン-イレブン店舗、労基法違反

セブンーイレブンの店舗(記事とは関係ありません)
セブンーイレブンの店舗(記事とは関係ありません)【拡大】

 東京都武蔵野市にあるセブン-イレブン店舗が、風邪で休んだアルバイトの女子高生(16)に、代わりを探さなかったことを理由として、実際に働いた5日間のアルバイト代2万3375円から休んだ時間(計10時間)のバイト代に相当する9350円を差し引いていたことが31日、分かった。

 セブン&アイ・ホールディングスの広報センターによると、店では、休む際に代わりの人を探さないとペナルティーを科すというルールを設け、アルバイトに伝えていた。担当者は「代わりを探すのは雇用主の責任。労働基準法で定めた減給制裁の上限も超えている」。店側は差引額の全額を返済するという。

 女子高生は1月中、風邪をひいたと伝えた上で2日間のシフトを休んだ。同26日にバイト代が手渡されたが、明細には実際に働いた25時間分の額面が記載されていたものの、15時間分のバイト代しかなく、明細には「ペナルティ」「¥9350」と書かれた付せんが貼られていた。

今、あなたにオススメ
Recommended by