「料理の五輪」で米チームが初の栄冠 (1/2ページ)

2017.2.16 05:00

 米国は2016年、リオデジャネイロ夏季五輪で46個の金メダルを獲得した。今年も金メダルに関しては幸先の良いスタートを切れたといえそうだ。

 「料理のオリンピック」とも称されるボキューズ・ドール国際料理コンクールで今年、米国チームが初優勝を飾ったのだ。

 少なくとも料理の世界において、この重要性は計り知れない。2年ごとに仏リヨンで開かれる同大会での米国の金メダル獲得は、史上初の快挙だ。シェフのマシュー・ピーターズ氏率いるチームは世界中から集まった23の有力候補を破った。同氏は普段、米カリフォルニア州ナパバレーにあるミシュラン三つ星レストラン「フレンチ・ランドリー」でエグゼクティブスーシェフを務めている。米国を優勝に導いた料理は「チキンとザリガニ」。伝統的なリヨン料理「ブレス産若鶏のエクルヴィス(ザリガニ)風味」に独自の解釈を加えた一皿だ。

 ピーターズ氏とアシスタントのハリソン・トゥローネ氏は、アスリートさながら大会の1年以上前から1日の大半をトレーニングに費やしてきた。さまざまな肉や魚で訓練し、付け合わせを研究し、技術を磨いた。大会の数カ月前になると、大会で提供される主な食材が知らされた。両氏は作業台の大きさや高さ、ガス台の火力まで、大会の仕様に合わせた特注の調理場で練習を重ねた。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。