【生かせ!知財ビジネス】動き出した弁理士会(上)経営センターを新設 (2/2ページ)

2017.4.14 05:00

 設立関係者の一人は「今、産業界に導入されつつあるIoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)は、個々の企業が保有する知財や知的資産は何か、そして企業における知財経営の重要性を従来以上に高めつつある。弁理士も支援できる分野を充実させて、企業の新たな動きに積極的に貢献していかなければならない」とし、新センターでの活動に意欲を見せている。(知財情報&戦略システム 中岡浩)

                   ◇

 ■日本弁理士会知的財産経営センターの事業本部概要

 【事業本部名/業務概要(統括担当、所属人数)】

 統合/全体の統括、調整、知財活用表彰事業など(岸本達人弁理士、7人)

 知財価値評価/弁理士による価値評価業務の支援、情報収集など(西村公芳弁理士、64人)

 知財経営コンサル/コンサルティングの手法研究や研修など(久納誠司弁理士、56人)

 知的資産活用/知的資産経営の推進、新ビジネスの調査など(中井宏行弁理士、30人)

 知財キャラバン/出張での知財経営相談や弁理士イメージ向上推進など(須藤浩弁理士、15人)

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。