姫路城でまたドローン飛行 兵庫県警が外国人を厳重注意

 兵庫県姫路市の世界遺産・姫路城で14日、香港の50代男性が小型無人機「ドローン」を無許可で飛行させていたことが19日、姫路署や姫路城管理事務所への取材で分かった。同署は航空法違反容疑で男性を事情聴取。けが人や城に被害はなく、男性に故意がないため、厳重注意とした。

 同署などによると、14日午後1時15分ごろ、三の丸広場南側で、ドローンが飛んでいるのを当時開催中だった祭りの警戒に当たっていた署員が発見した。

 付近はドローン飛行禁止区域だが、男性は「禁止されていることを知らなかった」と話したという。

 姫路城では平成27年や昨年、ドローンが飛行し衝突したケースがあった。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。