顧客口座から不正引き出し 容疑で野村証券元社員を逮捕 2億7千万円着服か

 顧客のキャッシュカードをだまし取った上、口座から現金を不正に引き出したとして、警視庁捜査2課は31日、詐欺と窃盗の容疑で、名古屋市昭和区滝川町、元野村証券社員で会社役員、林良紀容疑者(32)を逮捕した。「車や服、遊興費に使った」と容疑を認めているという。

 捜査2課によると、林容疑者は、野村証券のキャッシュカードを再発行した顧客に届く郵便物について「自分が手続きをしないとカードが発行されない」などと嘘の説明をしてだまし取り、現金を引き出していた。

 野村証券によると、平成22年4月~28年4月にかけて7人の顧客からキャッシュカードをだまし取り、口座から合計2億7千万円を引き出していたという。

 逮捕容疑は、28年2月上旬ごろ、顧客の50代女性が再発行したカードをだまし取った上、愛知県内の銀行ATMで1100万円を不正に引き出して盗んだとしている。

今、あなたにオススメ
Recommended by