大雨予測など成果を身近に 17年版科学技術白書

2017.6.3 05:00

 政府は2日、2017年版の科学技術白書を閣議決定した。今回初めての企画として、暮らしの中に生かされている身近な科学技術の成果を紹介。大雨の観測と予測技術や、がんの早期発見など13の話題を取り上げた。

 気象庁が開発した「高解像度降水ナウキャスト」は、地上の250メートル四方ごとに、30分先までの天気を5分間隔で予測。スマートフォンのアプリなどに提供しており、急に降り出す大雨を避けるのに役立つとしている。

 島津製作所(京都市)が14年から販売しているベッド型の乳がんの検査装置「エルマンモ」は、マンモグラフィーのような痛みがなく、15分程度うつぶせで寝るだけで、両胸を検査できる。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。