ルンバは家政婦にはなれない…AIの発達で“消える”職業とロボにはできない仕事 (4/6ページ)


【拡大】

  • 人間のプロ棋士を凌駕する「狭い人工知能」将棋ソフト

 家政婦が当面、機械に取って代わられない理由

 その影響とは何かというと、技術的失業である。技術的失業とは英国の経済学者ケインズが唱えた概念で、技術の進歩により人間が失業することをいう。具体的には約250年前から始まった産業革命、1980年代に工場にロボットが広範に導入されたオートメーションの時代、それに人工知能の発達により知的労働が脅かされつつある現代である。

 産業革命の時代には、機械に職を脅かされた労働者たちが、機械打ち壊し運動(ラダイト運動)を行ったが、さほど広がらなかった。機械の導入で生産性が向上し、社会がより豊かになり、新しい職が生まれたからだ。

 オートメーション革命は現代まで続いている。工場で肉体労働をする労働者の数は減ったが、その分、オフィスにおける知的な労働が増えて、労働者はそこに吸収された。実際、現在の労働者といえば、農業、漁業などの肉体労働、工場における肉体労働はむしろ少数で、多くの労働者はオフィスで働く知的労働者である。

 現在進行している人工知能革命は、そのオフィス労働者の地位を危うくする。また人工知能を搭載したロボットの発達は、肉体労働者の職域をさらに奪っていく。もちろん、人工知能とロボットの発達は、生産性を上げて社会をより豊かにするし、新たな職業も生まれるであろう。問題はその変化があまりに急速であるので、労働者がそれについていけないことである。今まで事務所で帳面付けをやっていた中高年の労働者が、人工知能にその仕事を奪われて失業し、明日からプログラマーになれといわれても、到底無理だろう。

トップと一番下は“安泰”、中間の職種が“不安定”

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。