ハローワークで上司がパワハラ、勤務の女性提訴 「突然激高、左腕を3回殴った」 

 静岡市の公共職業安定所(ハローワーク)で、上司の50代男性からパワハラを受け一時休職を余儀なくされたとして、非常勤職員の40代女性が10日、国と男性に慰謝料など計約630万円の損害賠償を求め、静岡地裁に提訴した。

 訴状によると、上司は2015年1月、静岡市清水区のハローワークで業務中、突然激高し女性の左腕を3回殴ったという。女性は不安抑うつ状態と診断され、計約5カ月休職。現在も通院を続けている。国は上司を適切に指導する義務を怠ったとしている。

 女性は提訴後、静岡市で記者会見し「暴行を振るった上司のいる職場に通うのはつらかった。夜も眠れず人混みが怖くなった」と語った。原告代理人の西ケ谷知成弁護士は「パワハラ防止を啓発する職場で発生した事件。国は重大性を認識してほしい」と述べた。

 静岡労働局は「訴状が届いておらずコメントは控えるが、パワハラとみられる行為があったのは事実。当該職員への処分を検討中だ」としている。