【生かせ!知財ビジネス】嶋野邦彦特許技監に聞く(中) (2/2ページ)

特許庁審査官の能力の高さについて語る嶋野邦彦特許技監。職員からの人望も厚く、長期在任を期待する声も聞かれる
特許庁審査官の能力の高さについて語る嶋野邦彦特許技監。職員からの人望も厚く、長期在任を期待する声も聞かれる【拡大】

 「(日本も含め)世界のユーザーに一番望まれることは、知財のポートフォリオをグローバルに作るためのコストをどれだけ下げられるか。つまりはシームレスにストレス無く世界中で権利が取れるようにすること。その点、特許庁はPPH(特許審査ハイウェイ)やグローバルドシエ(特許出願・審査関連情報の提供)など多くの国際連携施策を提言し、実現してきた。最近はIoT(モノのインターネット)が話題だが、特許庁のコンピューターソフトウエア関連発明の審査基準を新興国だけでなく、欧米でも理解を深めてもらうようにしていきたい」

 --さらに、日本発の提言、貢献をしていくのか

 「当然やっていく。加えてグローバルという観点では審査官の活用は重要だ。日本の審査官は欧米や中国に比べると数は少ないが、審査実務(技術や知財)知識以外にも制度改正(法律)や国際連携・他省庁への出向(政策)を経験し、幅広い知識を持つ強みがある。これら人財を世界をリードするぐらい活躍させたい。例えば先進国間協議や途上国の審査官育成研修だ。限られた人数の中、一人一人がどれだけ能力を発揮できるようにするかがカギになる」(知財情報&戦略システム 中岡浩)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。