「ペルセウス座流星群」が見ごろ きょう夜から 月の影響で観測難しく

 夏の夜空を彩る「ペルセウス座流星群」が、12日夜から13日未明にかけて見ごろとなる。国立天文台によると、流れ星のピークは13日午前4時ごろ。

 ただ今年は、空に明るい月が出ているため、天候が良くても観測は少し難しくなりそうだ。

 流星は出現の中心となる「放射点」から四方八方に向けて走る。放射点が空高く昇る未明の時間帯が観測に適している。月がなるべく視界に入らないように暗い方を向き、空の広い範囲を見渡すのがポイントだ。ピークほどではないが前後の期間も見ることができる。

 流星群は、かつて彗星(すいせい)がまき散らした塵(ちり)の中を地球が通過する際に、大気に突入した塵が高温になって光を発する現象。ペルセウス座流星群は毎年8月に出現し、1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」と並んで三大流星群と呼ばれる。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。