小野派一刀流第17代宗家、笹森建美氏死去

小野派一刀流第17代宗家の笹森建美氏
小野派一刀流第17代宗家の笹森建美氏【拡大】

 伊藤一刀斎を元祖とする古武道の流派「小野派一刀流」第17代宗家で牧師の笹森建美(ささもり・たけみ)氏が15日、多臓器不全のため死去した。84歳。青森県出身。葬儀は近親者で行う。後日、告別式を行う予定。喪主は妻、在子(ありこ)さん。

 昭和8年生まれ。「小野派一刀流」第17代宗家として、世田谷区の日本基督教団駒場エデン教会の牧師を務めながら、武道の普及に尽力した。著書に「武士道とキリスト教」など。

 父は第7代青山学院院長で、片山哲内閣で復員庁総裁や賠償庁長官を務めた順造氏。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。