「利き手」は体の左右差と経験で決定 富山大・名古屋大の研究チームが熱帯魚で解明

口が右に曲がっている左利きと口が左に曲がっている右利きのペリソダス・ミクロレピス(竹内勇一助教提供)
口が右に曲がっている左利きと口が左に曲がっている右利きのペリソダス・ミクロレピス(竹内勇一助教提供)【拡大】

  • 金魚の左側に食い付くペリソダス・ミクロレピス(竹内勇一助教提供)

 右利きか左利きかは、生まれ持った体の左右差と経験で決まる-。富山大の竹内勇一助教と名古屋大の小田洋一名誉教授の研究チームが21日、熱帯魚を使った実験で「利き手」が決まる仕組みの一端を解明したと英科学誌に発表した。

 動物の右利き、左利きが決まる過程は、ほとんどが未解明といい、竹内助教は「人間の利き手が決まるメカニズムの解明につなげたい」と話している。

 実験では、他の魚のうろこを食べる熱帯魚「ペリソダス・ミクロレピス」を使った。生まれつき口が右か左かに曲がっており、どちらから獲物を狙った方がうろこを食べやすいかは個体ごとに異なる。

 うろこを食べ始めた直後の幼魚は、魚の左右両方を襲うが、徐々に学習が進み、口が右に曲がる熱帯魚は魚の左側を、左に曲がる熱帯魚は右側を多く狙うようになると実験で確認した。

 人間も利き手の方が上腕の骨が大きいといい、同チームは人間にもこの熱帯魚と共通した仕組みがあると推定している。

 ペリソダス・ミクロレピスはアフリカ内陸部の淡水湖に生息。竹内助教らは岐阜県各務原市の世界淡水魚園水族館「アクア・トトぎふ」の協力を得て繁殖に成功した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。