【スポーツbiz】「夏の甲子園」の経済効果 放送権料受け取れば…それでも動かない高野連 (1/4ページ)

準決勝の対天理戦、1大会個人最多となる6号本塁打を放つ広陵の中村奨成=22日、甲子園球場
準決勝の対天理戦、1大会個人最多となる6号本塁打を放つ広陵の中村奨成=22日、甲子園球場【拡大】

 深紅の優勝旗は埼玉代表の花咲徳栄が手にするのか、それとも広島代表の広陵に栄冠が輝くか。どちらが勝っても初優勝。夏の風物詩、全国高等学校野球選手権大会はきょう23日の決勝で、熱戦の幕を下ろす。

 話題の早稲田実業、清宮幸太郎選手こそ姿を見せなかったものの、すでに甲子園の空には史上最多、68本のホームランアーチがかかった。急激な打力向上の裏には何があるのか。密かに“飛ぶボール”が導入されてでもいたのだろうか。

 入場者80万人超

 そんなことさえ人々の話題に上り、今年も入場者は80万人を突破するだろう。90回記念大会として過去最多タイの55校が出場した2008年以来、10年連続の80万人台となる。

 かつて、高校野球をこよなく愛した作家の阿久悠さんは、夏の甲子園を「やぶ入り」に例えた。離れている故郷を思い、若き日の感傷に浸る。出身校の枠を超え、思いは甲子園に凝縮される。全都道府県から代表が選出される夏ならではの人気の源だと、勝手に解釈している。

高野連の収入は入場料が9割を占めている

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。