私が受付嬢になったワケ 上場企業5社を経験、120万人の来客対応をした「受付人生」 (3/5ページ)

 いつの間にかサブリーダーまで上り詰めていた私は、「もっとこの仕事を極めたい」と思い、違った環境に飛び込もうと転職しました。そこで出会ったのがUSENです。

受付業界では有名なUSENに転職

 USENの受付は、業界では有名でした。なぜなら、USENの受付嬢はとにかく「美人」と評判だったからです。また、企業受付はどこの会社も「派遣社員」「契約社員」が大半ですが、当時のUSENの受付は「正社員雇用」ということもよく知られていました。受付嬢からすると「美人」が働く「正社員雇用」のUSENは憧れの職場だったのです。本社移転のタイミングでオープニングスタッフを募集していたので、またとないチャンスだと思い応募し、無事に採用されました。

 前職では歴代の先輩たちが作り上げた体制に“飛び込む”というスタートでしたが、USENでは自分たちがゼロから環境作りをしていかなければなりません。その上、10名以上のスタッフを有する大所帯。そこで初めてリーダーを任されることになり、土台固めのためにとにかくいろんな業務をこなしました。メンバーの先頭に立ち、仕組み作りを率先して進めたここでの経験が活かされて、のちに起業する際ではリーダーシップを発揮することができたのかもしれません。

USENを1年で辞めた理由

 そんな希望と刺激にあふれる職場を1年で辞めることになりました。父の病気が発覚したのです。

「受付嬢」は、一生は続けられない職業