【松本真由美の環境・エネルギーDiary】きょうからできる地球温暖化対策 (1/4ページ)

トヨタMEGAWEBでのエコドライブ講習会の様子=東京都江東区
トヨタMEGAWEBでのエコドライブ講習会の様子=東京都江東区【拡大】

  • トヨタの社内向けエコドライブトークショーの様子
  • トヨタの社員向けにエコドライブを呼びかけるポスター

 日本の二酸化炭素(CO2)排出量(12億2700万トン)のうち、運輸部門からの排出量(2億1300万トン)は17.4%を占めています。パリ協定や国連に提出した約束草案を踏まえて策定された「地球温暖化対策計画」(2015年5月閣議決定)では、30年度時点で温室効果ガス排出量を日本全体で13年度比26%削減する目標を掲げていますが、運輸部門(自動車、航空、船舶、鉄道)においては約28%削減する必要があります。運輸部門からの排出量の約9割は自動車から。今回は、削減目標の実現に向けて、「エコドライブ」(環境に配慮した自動車運転)に注目します。

 ◆エコドライブのポイント

 国内の運輸部門のCO2排出量は00年ごろをピークに順調に減ってきています。その間、交通量や輸送量、乗用車の走行距離などはあまり変わっておらず、燃費改善やトラックの輸送効率の向上などにより排出量が低減したとみられています。ほかに、道路環境の整備や適切な運転方法も排出量削減に影響を与えます。車からのCO2排出は走行中がもっとも多いため、ユーザー側の取り組みがとても大事です。

 自動車業界も積極的にエコドライブに取り組んでいます。トヨタ自動車では、13年10月に「FUN TO ECO-DRIVE」プロジェクトをスタートさせ、自社内、販売店、レンタリース店などで推進しています。同社環境部にエコドライブのポイントについてうかがいました。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。