ダウン症治療に“光”の新物質、なぜ「アルジャーノン」と命名したのか 京大に聞く (2/2ページ)

※写真はイメージです(Getty Images)
※写真はイメージです(Getty Images)【拡大】

 一方、『アルジャーノンに花束を』のアルジャーノンは、脳手術を受け「天才」になった白ネズミ。主人公の青年、チャーリィ・ゴードンが「頭をよくする」手術を受けるための検査で出会うのが、先に手術を受けていたアルジャーノンだ。

 手術を受けたチャーリィは、アルジャーノンと同じように飛びぬけた知能を持つ「天才」になるが、手術に「欠陥」があることを見つけてしまい、自らの身に起こる結末を知ってしまう--と、悲劇的な運命をたどる。

 物語にちりばめられた要素には、新しく見つかった化合物と通じる部分もあり、ネット上では「そのネーミングはやめたほうがいいのでは」「欠陥が見つかってしまいそうで怖い」といった声も上がっている。

 なぜ、アルジャーノンと命名?

 しかし、京都大学広報課によれば「アルジャーノンの由来は、小説『アルジャーノンに花束を』ではない」という。

 物質の正式名称は「altered generation of neuron」といい、あくまで頭文字を取って命名したという(ALGERNON)。「『アルジャーノンに花束を』は、研究グループも知っていると思うが、特別なぞらえたわけではない」(広報課)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。