日本に1台しかない「レッドサラマンダー」 過酷な現場で活躍、土砂・瓦礫乗り越え被災者救助 (1/2ページ)

九州豪雨災害を受け、7月7日に被災地で活動するレッドサラマンダー。消防車では越えられない土砂を軽々と踏破する=大分県日田市
九州豪雨災害を受け、7月7日に被災地で活動するレッドサラマンダー。消防車では越えられない土砂を軽々と踏破する=大分県日田市【拡大】

  • レッドサラマンダーの運転席。キャタピラー型の車両には珍しく、運転にはハンドルを使う=愛知県岡崎市(魚眼レンズ使用)
  • 車両底部はシンプルな構造。キャタピラーのベルトはゴム製だ
  • 後部車両は定員6人で、搬送用のストレッチャーを積んでいる
  • もちろん街中も走行できる。サラマンダーの意味は「サンショウウオ」だ

 身をくねらせ被災地をゆく赤いボディー 1台1億1千万円

 散乱するがれきや浸水地域を越えて、一刻も早く被災者へたどり着きたい-。

 ファインダーの向こうで、真っ赤なボディーのキャタピラー車が身をくねらせ、道路をふさぐ土砂やがれきを乗り越えていく。日本に1台しかない全地形対応車「レッドサラマンダー」だ。

 東日本大震災をきっかけに消防庁が購入。平成25年、南海トラフ地震の被害が想定される、愛知県岡崎市消防本部へ配備された。

 軍用車両などを製造するシンガポールの「STキネティックス」が製造。日本では、消防車の開発や製造を行う「モリタ」が販売し、価格は1億1千万円という。

 60cm段差乗り越え、26度の斜面を登る 最高時速50km、水中も走行

 ゴム製のキャタピラーで走行し、60センチの段差を乗り越え、26.6度の斜面を登ることができる。定員は前部4人で後部が6人。長さ8.72メートル、幅2.26メートル、最高時速50キロで、水深約1.2メートルまで走行可能。

 初出動となったのは、7月の九州豪雨で大きな被害を受けた大分県日田市。

 「『ついに来た』という感じ。初めての現場は緊張感がありました」。岡崎消防本部の河合篤主査(36)は振り返る。

 現地では佐賀や大分などの消防隊とチームを組んで活動した。当初は実績ゼロのため隊列の最後尾を走らざるをえなかった。

失敗できないプレッシャーのもとで悪路を走破

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。