偽ブランド品を数分で識別 米企業が新技術、スマホとカメラ活用 (1/2ページ)

エントラピーのカメラとスマホを使ってルイ・ヴィトンのバッグを調べている様子(ブルームバーグ)
エントラピーのカメラとスマホを使ってルイ・ヴィトンのバッグを調べている様子(ブルームバーグ)【拡大】

 「ルイ・ヴィトン」の本物のバッグと精巧にできた偽物を見分けるのは繊細な作業だ。縫い目を数え、革の表面を触り、プリントパターンに目を凝らす必要がある。だが、米ニューヨークに拠点を置く新興企業、エントラピーはこうした作業をしなくても偽物を見分けることができる技術を持っている。

 エントラピーの技術では、小型の顕微鏡カメラを使えばスマートフォンを持っている人なら誰でも数分でブランド品が本物か否か鑑定できる。同社の説明によれば、1年前にサービスを始めてから、ルイ・ヴィトンやシャネル、グッチを含む11ブランドで精度は98%を上回るところまで向上している。

 ファッションブランド各社はこの数年、ホログラフィックタグやマイクロプリントだけでなく、生地に無線標識まで織り込んで商品の信頼構築に取り組んできた。ロンドンを拠点とする調査会社ビジョンゲインによると、アパレルメーカーは2017年に偽物対策技術に61億5000万ドル(約6770億円)を投じる見通しだが、ネットショッピング特有の匿名性や中古品を扱う販売業者の人気拡大で偽造対策はより難しくなりつつある。

 リアルリアルやヴェスティエール・コレクティブなど中古品を取り扱うオンラインストアでは、経験豊富な専門家が売買する商品の真贋(しんがん)を判定している。偽物を買ってしまったと嘆く消費者のオンライン上の一部レビューをみれば、それは絶対確実とはいえない大変な作業だ。

人間の目では見えない部分、明確に

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。