箱根駅伝「優勝」に本気で挑む慶応大 暗躍するOB組織「三田会」の策略 (1/2ページ)

グラウンドで練習する環境情報学部4年の下川唯布輝さん(左から2番目)ら。
グラウンドで練習する環境情報学部4年の下川唯布輝さん(左から2番目)ら。【拡大】

 年始の恒例行事、東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)に慶應義塾大が“本気”で挑む。慶應大は1994年の第70回記念大会を最後に出場していないが、「箱根駅伝プロジェクト」をスタートさせ、5年で本戦出場、10年で優勝を目指す。その裏には正月の箱根路で母校のたすきを見ることをもくろむ、大学のOB組織「三田会」の策略が見え隠れする。

 OBが全国を奔走

 プロジェクトの中心人物である慶應大大学院蟹江憲史教授は「われわれの最大の武器はOBのネットワークだ」と断言する。そもそも計画の発端も競走部の三田会である「慶應陸上競技倶楽部」からだった。「今年競走部は創部100周年で、そんな中でさまざまなプロジェクトチームが発足した。記念式典を企画するチームや、記念品を製作するチームなど。その中で短距離競技出身のOBから『この機会に本気で箱根を目指したらどうか』と声が上がり、そこから一気に盛り上がった」と説明する。

 その後、自前のマーケティング能力を駆使し同倶楽部はとあるデータを発見した。「われわれの調べでは最近の全国高校生のランキング(男子5000m)では700位程度の選手のタイムは切るくらいだ。しかし、30年前は同じくらいのタイムの選手が100位という上位に食い込んでいた」(競走部OB)。一方で箱根を走る選手はそれほど速くなっていないという。

 慶應は他大学と違いスポーツ推薦枠を設けられない弱みがあるが「当時の上位100位に入るような優秀な選手が今は700人もいるのであれば、その中には慶應受験を突破できる生徒が相当数いるはず」という結論を導いた。

 選手のスカウティングにもOBが大きな役割を担う。「全国各地のOBが地方の大会や練習の見学にいっている。各自で情報共有をし、いい選手がいたらOB自ら話しかけ、慶應受験を勧めている。“三田会”はやろうと決めたら、とにかく団結力が強い」。

“三田会”が操る箱根制覇の方程式

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。