USJで「ザ・フライング・ダイナソー」が緊急停止 30人が最大30分身動きできず

「ザ・フライング・ダイナソー」(手前)が緊急停止したUSJ=29日午後4時21分、大阪市(共同通信社ヘリから)
「ザ・フライング・ダイナソー」(手前)が緊急停止したUSJ=29日午後4時21分、大阪市(共同通信社ヘリから)【拡大】

  • USJの「ザ・フライング・ダイナソー」(停止したコースターではありません)=29日午後4時27分、大阪市(共同通信社ヘリから)
  • USJの「ザ・フライング・ダイナソー」(停止したコースターではありません)=29日午後4時27分、大阪市(共同通信社ヘリから)
  • USJの「ザ・フライング・ダイナソー」(停止したコースターではありません)=29日午後4時39分、大阪市(共同通信社ヘリから)

 29日午後2時10分ごろ、大阪市此花区のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」で、宙づりの状態で乗るジェットコースター「ザ・フライング・ダイナソー」が緊急停止した。利用客約30人が最大で約30分間身動きできない状況になった。けが人や気分が悪いと訴えた人はいなかった。

 USJによると、システムの不具合を示す警報が鳴ったため、ゴールする直前、緊急停止した。乗客は約30分かけて1人ずつ降ろされ、メンテナンスをした後に運行再開した。広報担当者は「安全確認のための措置だった」と話した。

 このジェットコースターは利用客が下を向いたような態勢で乗り、空を飛ぶような感覚が楽しめる人気アトラクション。