イプシロン3号機、打ち上げ延期 電気系統に異常

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は29日、地球観測衛星アスナロ2を搭載したイプシロンロケット3号機の打ち上げを延期すると発表した。新たな打ち上げ日は未定。

 内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県)で11月12日に打ち上げを予定していたが、発射場で機体の点検中に電気系統に異常が見つかり、対策に時間がかかるため延期を決めた。

 イプシロンは国産の小型ロケット。アスナロ2は小型のレーダー衛星で、経済産業省の支援を受けNECが開発した。

今、あなたにオススメ
Recommended by