ノーベル文学賞 「イシグロ効果」で書店にぎわう、売り切れ続出 (2/2ページ)

5日夜、イシグロノーベル文学賞に決まったカズオ・イシグロさん作品のコーナーを設置する書店員=東京都千代田区の三省堂書店神保町本店
5日夜、イシグロノーベル文学賞に決まったカズオ・イシグロさん作品のコーナーを設置する書店員=東京都千代田区の三省堂書店神保町本店【拡大】

  • 売り切れたカズオ・イシグロ氏の著書の入荷予定をレジ横に掲示する書店長=6日午前、大阪市中央区(恵守乾撮影)
  • カズオ・イシグロ著「日の名残り」

 一方、大手通販サイト「アマゾン」の本ランキングでは6日、上位7位までがイシグロさんの小説で“独占”された。

 6日午後1時現在、「本」カテゴリの売れ筋ランキングでは、(1)「日の名残り」(2)「わたしを離さないで」(3)「遠い山なみの光」(いずれもハヤカワepi文庫)-と、ベスト3を占めた。

 さらに、4位以下も(4)「わたしたちが孤児だったころ」(5)「夜想曲集:音楽と夕暮れをめぐる五つの物語」(6)「忘れられた巨人」(7)「浮世の画家」(同)-と、イシグロさんの小説が名を連ねている。

 いずれも「一時的に在庫切れ」「入荷時期は未定」などの表示が出ており、すぐに購入することは難しい状況。ただ、電子書籍版は「忘れられた巨人」を除き、即時購入することができる。

イシグロ氏、もう一つの故郷が原動力 「いつか帰国するかもと思い生きてきた」

イシグロ氏、来日時にルーツ再確認 村上春樹さんとは互いにファン公言

ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏

新たな「レンズ」通し「記憶」と向きあう 「忘れられた巨人」著者 カズオ・イシグロさん

【書評】『忘れられた巨人』カズオ・イシグロ著、土屋政雄訳