【日本版GPS衛星】ロケットが発射地点に移動 準天頂衛星みちびき4号機を搭載 10日朝の打ち上げ

みちびき4号機を載せ、発射場に移動したH2Aロケット36号機=9日夜、鹿児島県の種子島宇宙センター
みちびき4号機を載せ、発射場に移動したH2Aロケット36号機=9日夜、鹿児島県の種子島宇宙センター【拡大】

 日本版の衛星利用測位システム(GPS)を担う政府の準天頂衛星みちびき4号機を搭載したH2Aロケット36号機は9日夜、鹿児島県の種子島宇宙センターで10日朝の打ち上げに向け発射地点へ移動した。

 H2Aは9日午後7時ごろ、移動発射台に載った状態で大型ロケット組立棟から姿を見せ、約480メートル離れた発射地点へゆっくり移動。約25分かけて正常に発射地点に到達した。機体や発射台の点検を行った後、燃料の注入を開始する。

 打ち上げは10日午前7時1分37秒の予定。天候は晴れの予報で、打ち上げに支障はない見込みだ。

今、あなたにオススメ
Recommended by