「美食は貴族がつくる」 徳川慶喜のひ孫が開発した“将軍珈琲”の味 (1/5ページ)

※写真はイメージです(Getty Images)
※写真はイメージです(Getty Images)【拡大】

  • ネルドリップでコーヒーを抽出する故・徳川慶朝氏。(画像提供/サザコーヒー)

 9月25日、徳川幕府最後の将軍・徳川慶喜のひ孫にあたる徳川慶朝氏が亡くなった。慶朝氏は茨城で「徳川将軍珈琲」なるコーヒー豆の開発と販売に取り組んでいた。実は徳川慶喜も大のコーヒー好き。曽祖父とひ孫がコーヒーでつながることになった裏話をひもとく。

 幕末の味を再現した「徳川将軍珈琲」

 今年は江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜による「大政奉還」150年にあたる。9月25日、慶喜の直系のひ孫・徳川慶朝(よしとも)氏が他界した。訃報を伝える各社の記事にあったのが、「茨城県のコーヒー会社と提携して『徳川将軍珈琲』を販売した」というくだりだ。故人のご冥福をお祈りしつつ、将軍珈琲の開発秘話や慶喜との共通点を紹介したい。

 そもそも「徳川将軍珈琲」とはなんのことか。これは茨城県ひたちなか市に本店があり、県内に10店舗を展開する「サザコーヒー」が、慶朝氏と提携して発売したコーヒー豆だ。9月の販売数が47商品中2位の人気商品だが、今回、一躍その名がクローズアップされた。

 江戸幕末に飲まれていたであろうフランス風珈琲を現代風に再現したもので、インドネシア・スマトラ島の最高級「マンデリン」(アラビカ種のコーヒー豆の銘柄)を中心にブレンドしてある。焙煎は深煎り(フレンチロースト)で、ミルクとも相性がよいコーヒーだ。

 商品開発の発端は、1998年にNHKの大河ドラマ『徳川慶喜』が放映されたことだ。江戸幕府最後の将軍・慶喜は水戸徳川藩の第9代藩主・徳川斉昭(なりあき)の七男で、放映中、地元・茨城県は盛り上がった。それが慶朝氏と結びつくのは、講演依頼がきっかけだ。

「コーヒー提供」の付帯条件に快諾