「ストリーム」株を操作 相場操縦容疑で男3人を逮捕 警視庁

 東証マザーズ上場でインターネット通販を手がける「ストリーム」(東京都港区)の株価を不正につり上げたとして、警視庁捜査2課などは12日、金融商品取引法違反(相場操縦)容疑で住所不定、無職、高橋利典(としのり)容疑者(69)ら男3人を逮捕した。捜査2課などが同容疑でストリームの会長で中国籍の男(48)ら複数の男の逮捕状を取ったことも判明。グループの全容解明を進めている。

 逮捕容疑は、平成26年2月中旬ごろ、ストリーム株について直前の株価を上回る価格で連続して買い注文を出すなどして、不正に株価をつり上げたとされる。

 ストリームは26年に入って株式分割を繰り返し、資本金も増強。それに合わせて株価は乱高下を繰り返し、同年1月に100円弱で推移していた株価は8月には500円台に急騰していた。

 高橋容疑者らは、株価をつり上げた上で高値で売り抜けて利益を得ていたとみられる。相場操縦で得た利益の一部が反社会的勢力に流れた疑いもあり、捜査2課などが資金の流れを調べている。

 民間の信用調査会社などによると、ストリームは家電やパソコンなどのインターネット通信販売を主な事業として11年、現会長の中国籍の男が創業。19年にはマザーズに上場した。

 この事件をめぐっては、警視庁と証券取引等監視委員会が昨年10月にストリームなどを家宅捜索し、資料を押収して分析を進めていた。

今、あなたにオススメ
Recommended by