「無声映画がトーキーに」宇宙科学新時代の幕開け 重力波望遠鏡LIGOなど会見

中性子星の合体で発生した重力波を観測したと発表するライツィー博士=16日、ワシントン(共同)
中性子星の合体で発生した重力波を観測したと発表するライツィー博士=16日、ワシントン(共同)【拡大】

 中性子星の合体を観測した米国の重力波望遠鏡LIGOなどのチームが16日、米首都ワシントンで会見し、LIGOを率いるデービッド・ライツィー博士は「一つの天体現象を多角的に観測できた。無声映画が(音声付きの)トーキーになったような進歩だ」と話し、宇宙観測が新たな時代に入ったことを強調した。

 中性子星の合体は重力波とともに、爆発による光も同時に放ったため、2種類の原理的に全く異なる信号を捉えることができた。映画に例えれば光が映像、重力波が音声。観測に深みが増した。

 鉄より重たい「重元素」がどこで生まれたか、太陽が出す全エネルギーの10倍以上をたった数秒で放つ「ガンマ線バースト」がどこで発生するのか。これらは長らく謎とされてきたが、今回の観測で中性子星の合体によるものだと示された。

 会見に出席した研究者らは「100年前からの宿題が、数日間の観察で解決した」と興奮気味に話した。(共同)