超大型の台風21号接近 23日にかけて列島大荒れ 

 超大型で非常に強い台風21号は21日、日本の南の海上を北上した。23日にかけて南西諸島や西日本、東日本の太平洋側を中心に非常に激しい雨が降る見通し。気象庁は土砂災害や河川の増水などへの厳重な警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、21日午前6時現在、南大東島の南の海上を時速約15キロで北北東へ進んだ。中心の気圧は925ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径280キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

 非常に強い勢力で沖縄に接近し、勢力を保ちながら22~23日、西日本から東日本、北日本にかなり接近する見込みだ。

 22日午前6時までの24時間予想雨量は、いずれも多いところで奄美250ミリ、沖縄、九州南部200ミリ、東海180ミリ、四国、近畿150ミリ。23日以降、雨はさらに強まる見通し。

今、あなたにオススメ
Recommended by