神鋼、ウラン遠心分離機部品でデータ改竄 日本原燃に報告、現在設置の装置には使用されず

神戸製鋼所神戸本社の外観=神戸市中央区(沢野貴信撮影)
神戸製鋼所神戸本社の外観=神戸市中央区(沢野貴信撮影)【拡大】

 神戸製鋼所の性能データ改竄(かいざん)問題で、日本原燃(本社・青森県六ケ所村)は26日、神戸製鋼から納品されたウラン濃縮のための遠心分離機に使われている部品の品質確認用検査データに改竄が確認されたと報告を受けたと発表した。

 原燃によると、この部品は組み立て前で、現在設置されている遠心分離機には使用されていないという。

 報告があったのは25日。神戸製鋼が原燃に行った説明によると、平成25年に検査データを測定するための装置を更新した際、測定結果が更新前より低い値になったため、差分を足して記録を作っていたという。原燃は詳細について「核物質に関わる情報のため明かせない」としている。