作家夫婦の文学館結ぶ 「ふるさと文学館」と「吉村昭記念文学館」、全国初の連携協定

県ふるさと文学館の津村さんのコーナーに展示されている「夫婦作家の軌跡」のパネル=福井市
県ふるさと文学館の津村さんのコーナーに展示されている「夫婦作家の軌跡」のパネル=福井市【拡大】

 文壇のおしどり夫婦といわれた福井県福井市出身の津村節子さんと東京都荒川区出身の故吉村昭さんのそれぞれの出身地にある県ふるさと文学館(福井市下馬町)と吉村昭記念文学館(東京都荒川区荒川)が5日、「おしどり文学館協定」として連携協定を締結した。夫婦の結婚記念日(11月5日)に合わせて結んだ。県によると、夫婦の作家に関する文学館が協定を結ぶのは全国で初めて。合同企画展などを通して双方の文学館の魅力を高めるとしている。

 協定内容は、合同企画として夫婦と両館を紹介する企画展と共催のリレー講演会などの開催。資料賃借では、手続きの簡素化や期間延長を行う。人的交流では、文学館運営や研究に関する情報交換、住民ツアーなどを進める。

 締結式は、吉村昭記念文学館が入る複合施設「ゆいの森あらかわ」で、西川一誠知事と西川太一郎区長が協定書に署名した。西川知事は「協定が荒川区、福井県、そして日本の文学の発展にとって大いに意義あることになるよう願う」とあいさつ。津村さんは「吉村はこんな立派な文学館ができるとは思ってもみなかったと思います。本人がいないのは残念でなりません」と話した。

 両館は12月20日まで協定を記念し夫婦の紹介や自筆原稿(複製)を展示する特集展を開催している。

今、あなたにオススメ
Recommended by