いまや緑といえば小池氏ではなく… あっという間に完売、「進次郎効果」でスカジャン話題に (1/3ページ)

緑色のスカジャンを着用し、支持者に感謝の弁を述べる小泉進次郎氏=10月22日、神奈川県横須賀市
緑色のスカジャンを着用し、支持者に感謝の弁を述べる小泉進次郎氏=10月22日、神奈川県横須賀市【拡大】

 「スカジャン」が注目を浴びている。自民党の小泉進次郎氏が衆院選で、自身のテーマカラーである鮮やかな緑色のスカジャンを羽織った進次郎氏の姿が報道され、「あのスカジャンはどこの?」などと話題となった。同じく緑色をイメージカラーとしている小池百合子氏もかすんでしまうほどの話題性だ。

 あっという間に完売

 10月22日に投開票された衆院選。神奈川11区から出馬した進次郎氏は、カッターシャツにスカジャンを羽織って選挙活動を行った。10月11日の自身のブログで「出陣式では横須賀発祥の『スカジャン』を着て、演説をしました」と投稿している。進次郎氏は演説も期日前投票も、開票日もスカジャンを着ていた。

 進次郎氏が着用していたのは虎と龍の刺繍が施された緑色のスカジャン。その姿を見た人たちの間で、「かっこいい」「どこのスカジャン?」「どこで買えるの?」と瞬く間に話題になった。

 さて、そのスカジャンは、老舗ブランド「テーラー東洋」の「DRAGON&TIGER」というタイプだと判明。リバーシブル仕様で、値段は5万8千円(税抜き)だという。通販サイトはいずれも在庫切れの表示ばかりだ。

 テーラー東洋のスカジャンを取り扱う小売店に順番に電話をかけて在庫を問い合わせたが、「全国の店舗で完売です」「ああ、あの(進次郎氏が着られて)後、すぐに売れてしまいました」。ある店舗では「テーラー東洋さんのスカジャンですね。小泉さんが着られたタイプは、お問い合わせが多くて、あっという間に売れてしまいました」。恐るべし、進次郎効果。

諸説あるスカジャンの語源